ファクタリング 仕組み

ファクタリングの仕組みと利用ポイント

本日は、ファクタリングとはどういう仕組みで運用されているものかを紹介していきたいと思います。

また、ファクタリングはどういったときに有効なのでしょうか。ファクタリングを利用するポイントなども含めて順番に確認していきましょう。

 

自社、取引先、ファクタリング会社

ファクトリングの仕組みを説明するのに登場してくるのは、自社、取引先の会社、ファクタリング会社の3社で、取引方法には2つの種類があります。

 

2社間取引(自社⇔ァクタリング会社)

2社間取引は、自社とファクタリング会社の間で完結するファクタリングになります。

  1. 取引先⇒自社 / 売掛金発生
  2. 自社⇒ファクタリング会社 / 売掛債権売却
  3. 取引先⇒自社 / 売掛金支払い
  4. 自社⇒ファクタリング会社 / 回収した売掛金支払い

 

自社とファクタリング会社のみで取引が成立するので、取引先に知られることなく、スピーディに資金調達をすることができます。

ファクタリング会社に売掛債権を売却したことを知られたくない会社は多いでしょう。信用問題にもなりますし、これまで良好だった関係にもヒビが入ってしまうかもしれません。

その分、手数料は割高になりますが、多くがこの2社間取引を利用するようです。

 

3社間取引(自社⇔ファクタリング会社⇔取引先)

3社間取引は、取引先にも了解を得た上で、ファクタリング会社が間に入り取引することを言います。

  1. 取引先⇒自社 / 売掛債権
  2. 自社⇒取引先 / 債権譲渡の通知と承諾
  3. 自社⇒ファクタリング会社 / 売掛債権売却
  4. 取引先⇒ファクタリング会社 / 売掛金支払い

 

取引先にも承諾を得て手続きを踏んでもらうため、取引先との信頼関係が重要になってきます。

自社と取引先の関係性が変わってしまうかもしれないリスクを考えると、あまりおすすめできませんが、ファクタリング会社の回収リスクは軽減されるため、手数料は安くなります。

 

利用する際のポイント

ファクタリングはどういった場合に利用するのでしょうか。まず、ファクタリングを利用する前に、知っておかなければならないことを以下にあげてみました。

  • 手数料が銀行融資やビジネスローンなどに比べて高いこと
  • 取引先に知られてしまうリスク
  • 闇金などの悪徳業者が一定数存在する

 

これらの理由から、ファクタリングは一時的な資金繰りには有効です。

ただ、銀行やビジネスローンなど「手数料が安い金融会社から借入はできないか」、「取引先に支払いを伸ばしてもらえないか」など、全て無理だった時の最終手段として考えるようにしましょう。

 

悪徳業者の見分け方

闇金のような悪徳業者にだまされないようにいくつかポイントをまとめました。以下のような会社はその可能性が高いので避けるようにしましょう。

  • ファクタリング会社の所在地や電話番号、代表者などの詳細情報が明確に表示されていない
  • 手数料が極端に高かったり、逆に安すぎるなど、契約条件などに関して不透明な部分がある
  • 直接面談を一切しない
  • 保証人、担保の必要をせまる

 

優良なファクタリング会社は不透明な部分がありません。保証人、担保などを条件に出すことは決してありませんので、利用する前に少しでも疑問を持った場合は必ず確認するようにしてください。