ファクタリングのメリット

前回は、ファクタリングの仕組みや利用ポイントについて見てきましたが、仕組みが分かったところで本日は、ファクタリングのメリットとはどんな点があげられるのか見ていきましょう。

 

とにかく早めにキャッシュ化できる

ファクタリングの最大のメリットといえば、やはり売掛債権を譲渡することで、早めに現金化(資金調達)ができるところではないでしょうか。

最短1日で現金化できるいわゆる「即日調達」が可能な会社もあるので、支払いが迫っていてどこからも融資が受けられない時などに有効です。

 

2社間取引で取引先に知られず現金化

ファクタリング会社を利用するとき、取引先に内緒で進めたいと思う会社が多いと思います。

2社間取引のファクタリングは、自社とファクタリング会社の間で完結する取引なので、取引先に知られず現金化(資金調達)することが可能となっています。

 

審査から融資までが早い

ファクタリング会社の審査は、売掛先企業と売掛債権に問題がないかどうかを判断し、問題なければすぐに売掛債権の譲渡契約をするので、最短で即日に融資を受けられることもあります。

 

自社の業績が悪くても大丈夫

上記の項目で触れましたが、ファクタリング会社の審査は売掛先企業と売掛債権の信用で判断するので、自社の業績は関係ありません。

 

金利なし、返済義務なし、保証人や担保も必要なし

ファクタリング会社に譲渡した債権の売掛先会社が、万が一倒産しても、償還返済義務はありません。(ノンリコース)

また、ファクタリングは融資ではなく売掛債権の売買になるので金利はありません。そのため、保証人や担保といったものも必要ありません。

 

ファクタリングは負債ではない

銀行などから融資を受けると会計上負債が増えますが、ファクタリングは売掛売買なので、決算書、信用情報に影響はありません。

資金調達が早めにでき負債も増えないので、信用も保たれます。