ファクタリングのメリット

前回は、ファクタリングの仕組みや利用ポイントについて見てきましたが、仕組みが分かったところで本日は、ファクタリングのメリットとはどんな点があげられるのか見ていきましょう。

 

とにかく早めにキャッシュ化できる

ファクタリングの最大のメリットといえば、やはり売掛債権を譲渡することで、早めに現金化(資金調達)ができるところではないでしょうか。

最短1日で現金化できるいわゆる「即日調達」が可能な会社もあるので、支払いが迫っていてどこからも融資が受けられない時などに有効です。

 

2社間取引で取引先に知られず現金化

ファクタリング会社を利用するとき、取引先に内緒で進めたいと思う会社が多いと思います。

2社間取引のファクタリングは、自社とファクタリング会社の間で完結する取引なので、取引先に知られず現金化(資金調達)することが可能となっています。

 

審査から融資までが早い

ファクタリング会社の審査は、売掛先企業と売掛債権に問題がないかどうかを判断し、問題なければすぐに売掛債権の譲渡契約をするので、最短で即日に融資を受けられることもあります。

 

自社の業績が悪くても大丈夫

上記の項目で触れましたが、ファクタリング会社の審査は売掛先企業と売掛債権の信用で判断するので、自社の業績は関係ありません。

 

金利なし、返済義務なし、保証人や担保も必要なし

ファクタリング会社に譲渡した債権の売掛先会社が、万が一倒産しても、償還返済義務はありません。(ノンリコース)

また、ファクタリングは融資ではなく売掛債権の売買になるので金利はありません。そのため、保証人や担保といったものも必要ありません。

 

ファクタリングは負債ではない

銀行などから融資を受けると会計上負債が増えますが、ファクタリングは売掛売買なので、決算書、信用情報に影響はありません。

資金調達が早めにでき負債も増えないので、信用も保たれます。

ファクタリング 仕組み

ファクタリングの仕組みと利用ポイント

本日は、ファクタリングとはどういう仕組みで運用されているものかを紹介していきたいと思います。

また、ファクタリングはどういったときに有効なのでしょうか。ファクタリングを利用するポイントなども含めて順番に確認していきましょう。

 

自社、取引先、ファクタリング会社

ファクトリングの仕組みを説明するのに登場してくるのは、自社、取引先の会社、ファクタリング会社の3社で、取引方法には2つの種類があります。

 

2社間取引(自社⇔ァクタリング会社)

2社間取引は、自社とファクタリング会社の間で完結するファクタリングになります。

  1. 取引先⇒自社 / 売掛金発生
  2. 自社⇒ファクタリング会社 / 売掛債権売却
  3. 取引先⇒自社 / 売掛金支払い
  4. 自社⇒ファクタリング会社 / 回収した売掛金支払い

 

自社とファクタリング会社のみで取引が成立するので、取引先に知られることなく、スピーディに資金調達をすることができます。

ファクタリング会社に売掛債権を売却したことを知られたくない会社は多いでしょう。信用問題にもなりますし、これまで良好だった関係にもヒビが入ってしまうかもしれません。

その分、手数料は割高になりますが、多くがこの2社間取引を利用するようです。

 

3社間取引(自社⇔ファクタリング会社⇔取引先)

3社間取引は、取引先にも了解を得た上で、ファクタリング会社が間に入り取引することを言います。

  1. 取引先⇒自社 / 売掛債権
  2. 自社⇒取引先 / 債権譲渡の通知と承諾
  3. 自社⇒ファクタリング会社 / 売掛債権売却
  4. 取引先⇒ファクタリング会社 / 売掛金支払い

 

取引先にも承諾を得て手続きを踏んでもらうため、取引先との信頼関係が重要になってきます。

自社と取引先の関係性が変わってしまうかもしれないリスクを考えると、あまりおすすめできませんが、ファクタリング会社の回収リスクは軽減されるため、手数料は安くなります。

 

利用する際のポイント

ファクタリングはどういった場合に利用するのでしょうか。まず、ファクタリングを利用する前に、知っておかなければならないことを以下にあげてみました。

  • 手数料が銀行融資やビジネスローンなどに比べて高いこと
  • 取引先に知られてしまうリスク
  • 闇金などの悪徳業者が一定数存在する

 

これらの理由から、ファクタリングは一時的な資金繰りには有効です。

ただ、銀行やビジネスローンなど「手数料が安い金融会社から借入はできないか」、「取引先に支払いを伸ばしてもらえないか」など、全て無理だった時の最終手段として考えるようにしましょう。

 

悪徳業者の見分け方

闇金のような悪徳業者にだまされないようにいくつかポイントをまとめました。以下のような会社はその可能性が高いので避けるようにしましょう。

  • ファクタリング会社の所在地や電話番号、代表者などの詳細情報が明確に表示されていない
  • 手数料が極端に高かったり、逆に安すぎるなど、契約条件などに関して不透明な部分がある
  • 直接面談を一切しない
  • 保証人、担保の必要をせまる

 

優良なファクタリング会社は不透明な部分がありません。保証人、担保などを条件に出すことは決してありませんので、利用する前に少しでも疑問を持った場合は必ず確認するようにしてください。

ファクタリングとは

ファクタリングとは?

初めましてこんにちは!今日から「Factoringチャンネル」と題して、ファクタリングについての情報を配信していきます。どうぞよろしくお願いします。

中小企業の資金調達の方法として、近年、日本でも浸透してきた「ファクタリング」。

まずはファクタリングについて、初心者にもわかりやすく解説していきましょう。

 

ファクトリングと手形の違い

ファクトリングとは、一言でいうと、ファクトリング会社に売掛債権を買い取ってもらい、先に現金化してもうシステムの事を指します。

日本では、バブル前まで売掛金は手形による取引が主流でした。手形は、指定された決済日に支払うという約束を取り交わした証書で、代金の支払いを先延ばしできるものです。しかし仮に、決済日前に取引先が倒産し、支払いが出来なくなった場合、ただの紙切れとなってしまいます。

 

一方、ファクトリングは手形とは違い、償還請求権なしが契約内に記載されている場合に限りますが、先に受け取った現金を返還する義務はなくなります。

こういった違いから、バブルが崩壊した後は、早めに現金で回収したい人が増えていき、それに伴いファクタリングを利用する人が多くなったと考えられます。

 

償還請求権とは

償還請求権とは、ファクトリング会社に売掛債権を買い取ってもらった後に、売掛先が倒産することで売掛が回収できなかった場合、利用者に支払いを請求できる権利のことです。

最近では、その償還請求権なしのファクトリング会社も増えてきていますが、この場合だと負債を背負うリスクを伴うため、その分手数料が高く設定されています。

 

買取型・保証型ファクタリング

ファクタリングには、買取型と保証型があります。それでは順番に確認していきましょう。

 

買取型ファクタリング

買取ファクタリングとは、売掛債権を早めに現金化したい場合に使われる方法です。ファクタリング会社に、売掛を売却すると、手数料が引かれた金額が支払われます。銀行の融資と違って担保は不要で、審査対象というのが売掛先になるので、審査に通りやすいという利点があります。

 

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、売掛先が支払い不能になった場合の保険のようなものです。資金があまりない会社などは、売掛金が回収できない場合、共倒れになってしまうこともあります。

万が一、売掛先が倒産して回収できなくても保証範囲内で保証金がおりるので、リスクを回避することができます。ただし、こちらは売掛先が支払い不能になったときのみ支払われます。

 

ファクタリングを上手に活用する

ファクタリングは借金ではありません。国も推奨している「資金調達方法」の一つです。うまく活用すれば、銀行の融資を受けられない場合でも、切り抜けることができるかもしれません。