ファクタリングとは

ファクタリングとは?

初めましてこんにちは!今日から「Factoringチャンネル」と題して、ファクタリングについての情報を配信していきます。どうぞよろしくお願いします。

中小企業の資金調達の方法として、近年、日本でも浸透してきた「ファクタリング」。

まずはファクタリングについて、初心者にもわかりやすく解説していきましょう。

 

ファクトリングと手形の違い

ファクトリングとは、一言でいうと、ファクトリング会社に売掛債権を買い取ってもらい、先に現金化してもうシステムの事を指します。

日本では、バブル前まで売掛金は手形による取引が主流でした。手形は、指定された決済日に支払うという約束を取り交わした証書で、代金の支払いを先延ばしできるものです。しかし仮に、決済日前に取引先が倒産し、支払いが出来なくなった場合、ただの紙切れとなってしまいます。

 

一方、ファクトリングは手形とは違い、償還請求権なしが契約内に記載されている場合に限りますが、先に受け取った現金を返還する義務はなくなります。

こういった違いから、バブルが崩壊した後は、早めに現金で回収したい人が増えていき、それに伴いファクタリングを利用する人が多くなったと考えられます。

 

償還請求権とは

償還請求権とは、ファクトリング会社に売掛債権を買い取ってもらった後に、売掛先が倒産することで売掛が回収できなかった場合、利用者に支払いを請求できる権利のことです。

最近では、その償還請求権なしのファクトリング会社も増えてきていますが、この場合だと負債を背負うリスクを伴うため、その分手数料が高く設定されています。

 

買取型・保証型ファクタリング

ファクタリングには、買取型と保証型があります。それでは順番に確認していきましょう。

 

買取型ファクタリング

買取ファクタリングとは、売掛債権を早めに現金化したい場合に使われる方法です。ファクタリング会社に、売掛を売却すると、手数料が引かれた金額が支払われます。銀行の融資と違って担保は不要で、審査対象というのが売掛先になるので、審査に通りやすいという利点があります。

 

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、売掛先が支払い不能になった場合の保険のようなものです。資金があまりない会社などは、売掛金が回収できない場合、共倒れになってしまうこともあります。

万が一、売掛先が倒産して回収できなくても保証範囲内で保証金がおりるので、リスクを回避することができます。ただし、こちらは売掛先が支払い不能になったときのみ支払われます。

 

ファクタリングを上手に活用する

ファクタリングは借金ではありません。国も推奨している「資金調達方法」の一つです。うまく活用すれば、銀行の融資を受けられない場合でも、切り抜けることができるかもしれません。